So-net無料ブログ作成
マインドフルネス ブログトップ

#マインドフルネスに興味のある人々が集まってディスカッション 心と脳の話は難しい 2017-2-8(水) [マインドフルネス]

マインドフルネス

★・・・・・
脳に興味があり、脳波測定をしている人が
禅の高僧のアルファ波がとても高いのはなぜか?という興味から
集まって話をすることに・・・

★:::::
高僧はまず、すぐに、安定して
アルファ波がでてくるそうだ
そこは、気づきの瞑想・集中の瞑想の区別ができているのではないか・・・

★∴∴∴
一方で、単純に感覚的なことをいうだけではなく
科学的、論理的、事実に基づいて
みんな考えていきたいという話になった・・・やはり客観性が人に話す時には大事

★<<<<<
その点では、脳波は、客観的に状態を測定するいいツール
測定器は、20万ほどするのだが
もう少し安ければ、個人的に買って、日常的に坐禅しているときに測定するのだが・・・

★~~~~~
今度、脳波の測定器で、測定してみようということになった
自分としては、「今ここの自分」を常に気づくことによって
とても平静になり、感情に飲み込まれるようなことはなくなってきたとみなさんに伝えた

★☆彡
でも、感情にしても、論理にしても、
脳が勝手に考え出してくることにすぎないことは、みなさんには言えなかった
存在を否定してしまうようで、言えなかった

★☆彡★
思うこと・考えること=思考から離れることで
直に、今ここを気づくことになり
今ここを生きることになるーーーことまでは、言えなかった

★☆彡★☆彡
心や脳の話、心と脳の関係について
語ることはむずかしい
抽象的なことを表現するのが、本当に難しいし、伝える・伝わることになるともっと難しい

#本『今、ここを生きる』新世代チベット僧が説くマインドフルネスへの道 2017-1-6 [マインドフルネス]

『今、ここを生きる』 ヨンゲイ・ミンゲール・リンポチェ

★・・・・・
心の科学の基本的問題は、2500年前から探求されてきたともいえる・・・仏教
ダライラマと「心と生命研究所」は
仏教徒とその研究者が現代の科学者と議論を重ねることを促進してきたそうだ

★:::::
ヨンゲイ・ミンゲール・リンポチェ:1975年、ネパール生まれ
チベット仏教の伝統に基づく、実践的・哲学的教えを身につけ、
現代科学へも深い理解を示し、両者の統合をはかる活動をしている

★∴∴∴
彼が慈悲の瞑想を行う間、幸福感を司る脳の領野におけるニューロンの活動が
700%~800%増大
瞑想を始めたばかりの初心者でも、10%~15%の増加がみられたという

★<<<<<
心と脳を超えてーの発想の理解
空ー実在を超えた実在ーーーの思想の理解
いつどこでどのように実践するかーーー日常生活が今ここを生きることになる方法などが
特に参考になった

★~~~~~
情報が錯綜し、喧噪の中で、忙しくしている現代でーーー心を休める・・・瞑想
そして、弛緩だけでなく、緊張ーーー集中の心のバランスをとる
しかも日常の中で実践することを、わかりやすく理解することができた・・・苦からの解放

★☆彡
脳科学・心理学・仏教の統合が、
21世紀にネットが発達して、情報が交流することで
各専門家らのアプローチと、それを一般市民が活用することが、発展してきている










今、ここを生きる ──新世代のチベット僧が説くマインドフルネスへの道 (フェニックスシリーズ)

今、ここを生きる ──新世代のチベット僧が説くマインドフルネスへの道 (フェニックスシリーズ)

  • 作者: ヨンゲイ・ミンゲール・リンポチェ
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2016/09/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



今、ここを生きる ──新世代のチベット僧が説くマインドフルネスへの道

今、ここを生きる ──新世代のチベット僧が説くマインドフルネスへの道

  • 出版社/メーカー: パンローリング株式会社
  • 発売日: 2016/09/17
  • メディア: Kindle版



#『 リトリート』 <ブッダの瞑想の実践> ティク・ナット・ハン 島田啓介訳 2015-7-22 [マインドフルネス]

リトリート <ブッダの瞑想の実践> ティク・ナット・ハン 島田啓介訳

★・・・・・
1. 今ここに生きる
今この瞬間にマインドフルに存在する瞑想-癒しと変容のエネルギーを呼び起こす
努力はいりません。何もしなくていいのです。そしてほほえんでみましょう。・・・とティクナットハンが呼びかける

★:::::
21日間のリトリート:
4百人がサンガをつくる
ブッダとダルマを携えた瞑想を実践

★∴∴∴
リトリート―心の変容と癒しを起こすサンガのエネルギーを受け取る機会
ここには楽しく実践する人がたくさんいます
瞑想をしっかり身につける

★<<<<<
心の安定と自由と幸福
平和、喜び、安定、自由や幸福
ただ素直にサンガとともにいること 気張る必要はまったくありません

★~~~~~
みなさんは日常の中で、無理をすることが当たり前になっています。
今ここで安らいでいることはめったになく、目的を達成しようと自分に鞭打ちつづけています。
瞑想でまず最初にするのは、この頑張りをやめること、ただあるがままでいることです。

★+++++
サンガは流れる河のようなものです。
水のひとしずくになって、河と一緒に流れていきましょう。
それには、心の中のさまざまな不安を手放すことです 

★☆彡
複雑な利害関係、混迷する社会ー日本
同じ21世紀を生きる、ティクナットハンのリトリートと瞑想
ありのままの自分とは、どのようにして探究するのか・・・わがままな自分とは異なる自分を観ていくのに参考になる実践的な本





リトリート ブッダの瞑想の実践

リトリート ブッダの瞑想の実践

  • 作者: ティク・ナット・ハン
  • 出版社/メーカー: 新泉社
  • 発売日: 2014/04/05
  • メディア: 単行本



#マインドフルに歩く 渋谷の街ー輝いているがどこか遠く感じた 2015-1-31 [マインドフルネス]

マインドフルに歩く

★・・・・・
マインドフルネスの本を読みながら、電車の中で読んだ後
ゲシュタルトセラピーに参加してワークを観察した後
ゆっくりとマインドフルに歩く

★:::::
「歩く瞑想」
歩きながら、呼吸を意識して、ゆっくりと今ここの自分に気づく
瞑想を歩きながらできるんだと初めのころはびっくりしたものだ

★∴∴∴
人通りの少ない、代々木公園の端を歩き続けると
人が多くなってくる渋谷エリアに入ってくる
若者が多く、イルミネーションがとても輝いて見えた

★<<<<<
でも、どこか、遠く感じる
人々の声がダイレクトに入ってくるのではなく、
喧騒が遠くに聞こえている感じ・・・テレビの映像を見ている、客観的な感じ

★~~~~~
自分というものが、より主体化した感じ
他のものが、より客体化した感じ
だけれども、全体として、親しい感じもして・・・親和性が高く、全体として感じられ、温かい

★☆彡
何か自分と他のとらえ方が違ってくると
感じ方も違ってくるものなのかなと
どこかで実感している



#『リトリート:ブッダの瞑想の実践』今ここに生きる ティク・ナット・ハン著 野草社 2015-1-27 [マインドフルネス]

マインドフルネスを実践して

★・・・・・
経営:外部環境に適応して生きる・心理:科学的な観点から心を探究・仏教:自然の真理を悟る
この三つの観点からの、交差するものとして、マインドフルネスを捉え
日々の実践として、瞑想などを行うー理論・実感=直観と実践を記録したい

★:::::
『リトリート:ブッダの瞑想の実践』著者はティク・ナット・ハン
「呼吸による完全な気づきの教え」をテーマ
21日間のリトリートの実践記録

★∴∴∴∴∴
1. 今ここに生きる
今この瞬間にマインドフルネスに存在する・・・心を開いて、今ここに帰りましょう
呼吸をたどりながら、吸う息・吐く息を味わい、リラックスしましょう

★<<<<<
努力はいりません
何もしなくていいのです
そして、ほほえんでいましょう

★~~~~~
全体の内容は:
今ここに生きる・呼吸を楽しむ・体を受け入れる・Q&A
体を経験する・感覚を受け止める・喜びを育てる・根本的な変容・Q&A
真実の愛を学ぶ・三法印を実践する・苦しみを変容させる・誤った見方を手放す・Q&A

★☆彡
幸福はあなた個人の問題ではない・六つの智慧を実践する
付録:呼吸による完全な気づきの経典・五つのマインドフルネストレーニング
ひとつひとつの瞑想を読みながら、実践して進めていきたい

★☆彡
深呼吸し、
不安を手放すと
不安から解放されてくる・・・そして穏やかに


リトリート ブッダの瞑想の実践

リトリート ブッダの瞑想の実践

  • 作者: ティク・ナット・ハン
  • 出版社/メーカー: 新泉社
  • 発売日: 2014/04/05
  • メディア: 単行本



#『リトリート:ブッダの瞑想の実践』読み始め ティク・ナット・ハン著 野草社 2015-1-27 [マインドフルネス]

マインドフルネスを実践して

★・・・・・
経営:外部環境に適応して生きる
心理:科学的な観点から心を探究
仏教:自然の真理を悟る

★:::::
この三つの観点からの
交差するものとして、マインドフルネスを捉え
日々の実践として、瞑想などを行うー理論・実感=直観と実践を記録したい

★∴∴∴
『リトリート:ブッダの瞑想の実践』を買った
著者はティク・ナット・ハン
「呼吸による完全な気づきの教え」をテーマに、21日間のリトリートの実践記録

★<<<<<
マインドフルネスに関して、ある程度、知識と情報、そして方法がわかってきた中で
連続して21日間瞑想合宿を行うリトリートで
行われている内容を知りたいので読み始めました

★~~~~~
今ここに生きる・呼吸を楽しむ・体を受け入れる・Q&A
体を経験する・感覚を受け止める・喜びを育てる・根本的な変容・Q&A
真実の愛を学ぶ・三法印を実践する・苦しみを変容させる・誤った見方を手放す・Q&A

★☆彡
幸福はあなた個人の問題ではない・六つの智慧を実践する
付録:呼吸による完全な気づきの経典・五つのマインドフルネストレーニング
ひとつひとつの瞑想を読みながら、実践して進めていきたい

★☆彡
今度、鎌倉で接心に参加する
たった3日間だが、連続していくと、どのようになるのか
この本を参考にしつつ、楽しみでもある


リトリート ブッダの瞑想の実践

リトリート ブッダの瞑想の実践

  • 作者: ティク・ナット・ハン
  • 出版社/メーカー: 新泉社
  • 発売日: 2014/04/05
  • メディア: 単行本



マインドフルネス ブログトップ