So-net無料ブログ作成
検索選択

#書 王義之の臨書「在」、山頭火の俳句「へう~として水を味わふ」を書く 2017-3-14(水) [書]



★・・・・・
今日から3月分を開始
規定は「風遼気爽」(ふうりょうきそう)
風は遠方より吹き来たり気はさわやか

★:::::
画数が多く
なかなか楷書にしては難しい
一字の大きさがまちまちになってしまいがち

★∴∴∴
臨書ーーー王義之の蘭亭序から
自分で一字を選んで自己練習
今日は「在」を練習・・・けっこう存在感があるように書けた感じ

★<<<<<
そして、お待ちかね、山頭火の俳句の墨蹟を臨書
自由律俳句「へう~~として水を味わふ」
山頭火の墨蹟はどれも魅力的・・・今回の俳句は特にお気に入り

★~~~~~
今回は、規定のできはまだで、
しかも、次の予定があるので
早く帰りました

★☆彡
楷書もいいけれど
やはり臨書がGood
王義之と山頭火・・・特に山頭火は書きたいと思わせる

#書 2月分の手本の臨書と王義之臨書を出したが提出には至らず 2017-3-1(水) [書]



★・・・・・
前回、2月分の規定と一字を提出し
今回は3月の第一回目だけれど
まだ、2月分が間に合うので、臨書に集中

★:::::
まずは、臨書「林花掃更落」<林花掃け更に落つ>
書き順が難しく
字がつながっているのも、なかなか難題

★∴∴∴
次は臨書ーーー王義之の臨書「雨必佳深」
原書をもとに、書いたのだが
必を心と思ってしまった・・・なかなかこちらも解読が難しい

★<<<<<
そして、山頭火の俳句の墨蹟を臨書
自由律俳句「炎天をいただいて乞ひあるく」
あいかわらず、山頭火の墨蹟は魅力的

★~~~~~
最後に、臨書を見せたが、
今一と言われ、また王義之のほうは字が間違っていて
両方とも提出に至らなかった・・・残念

★☆彡
今回は臨書に集中したが、提出できず
残念
でも、王義之、山頭火など、墨蹟は、とても魅力的
最近は、水墨もしているので、筆使い等、自由さが増え、相乗効果もあると感じる


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

#書 規定・一字を2月分として提出 王義之と山頭火俳句の臨書も練習 2017-2-22(水) [書]



★・・・・・
最近は、墨は濃墨となり、筆も腰のあるものになり、
落ち着いてきている
順々に淡々と半紙3枚ずつ書いていく

★:::::
まずは、規定の楷書「山鳥呼友」<山鳥友を呼ぶ>
濃墨の墨汁を使い、水墨画用の弾力のある筆で書いて、乾くのが早く
しっかりした文字になり、楷書としてはまとまっていて・・・提出した

★∴∴∴
次は一字ーーー「感」という文字
羅漢筆で、大胆にダイナミックに書いた
・・・思い切って書いていると仲間に言われたーーー提出

★<<<<<
次は臨書ーーー王義之の臨書「雨心佳深」
原書をもとに、雨も心も、深も、とても魅力的
ただ、まだ、今日は提出はできなかった

★~~~~~
そして、山頭火の俳句の墨蹟を臨書
自由律俳句「分け入っても分け入っても青い山」・・・有名な句
本には二通り載っていて、一つを書いてみたが魅力的

★☆彡
規定、一字、王義之、山頭火
書・墨蹟は、とても魅力的ーーー臨書していて、とても気分がいい
最近は、水墨も関連してきて、筆使い等、自由さが増え、相乗効果もあるときを感じる


#書 山頭火俳句の臨書ー譲ってと言われて差し上げました 楷書・臨書を練習 2017-2-15(水) [書]



★・・・・・
書は集中が大事なので・・・順々に淡々と半紙3枚ずつ書いていく
規定の楷書「山鳥呼友」<山鳥友を呼ぶ>
今回は新しく濃墨の墨汁を使い、水墨画用の弾力のある筆で書いた・・・乾くのが早くうまくいった

★:::::
次は臨書
王義之の臨書「雨心佳深」
原書をもとに、雨も心も、深も、とても魅力的で、書いていて気持ちがいい

★∴∴∴
そして、今回から山頭火の俳句の墨蹟を臨書
本人が書いた俳句と墨蹟の両方が掲載された本を入手して書いてみる
自由律俳句「鴉ないてわたしも一人」・・・こちらも書いていても魅力的

★<<<<<
また、「梅が香に障子ひらけば月夜かな」も
漢字&ひらがなとして
練習しました

★~~~~~
王義之も、山頭火も
その書・墨蹟は、とても魅力的
臨書していて、とても気分がいいし、集中できる

★☆彡
終わって一段落していると、同じ書を習っている人から
山頭火の俳句の臨書を譲ってと言われました
おもわず「えーっ」言ってしまいましたが、・・・差し上げました

★☆彡★☆彡
白隠さんもみなさんに差し上げていたので、私もーーー
半紙10枚をお礼にいただきました
半紙も色々な書き味があるので、試すのが楽しみでもあります

#書 楷書・一字・臨書を提出 講座の後に梅見で一杯 カレーで交流 2017-1-25 [書]



★・・・・・
まずは規定の楷書
「花塢風回」<花咲くつつみに春風が吹く>
新しく水墨画用に買った、弾力のある筆で書いた・・・なかなかうまくいった

★:::::
一字・臨書も提出した
王義之の臨書も書いてみたが、細かいところが臨になっていなかった
原書が大事なのがわかった

★∴∴∴
今年は梅の咲くのが一か月も早い
近くの公園で白梅も紅梅も咲いているので
仲間の一人が日本酒と梅せんべいを持ってきていて・・・みんなで梅見で一杯

★<<<<<
その後、インドレストランへ
マトンカレーなどを頼み、
久しぶりの本格的カレーでナンをおかわりした・・・サフランライスも旨かった

★~~~~~
最近はイベントが重なってなかなかじっくりと書に取り組めていないので
急いで書を書いた
一緒に風情のある風景を楽しめる仲間がいると楽しい

★☆彡
ひらがなも取り組んでいる
子規の短歌を写したりしているが、なかなか難しい
山頭火の自由俳句の墨蹟が・・・とても魅力的





#「書」2016年 2月規定「風光濶遠(ふうこうかつえん)」規定を再提出 行書「茂林修竹」を提出 2016-2‐24 [書]

「書」平成27年度 第三期

★・・・・・
仏教を探究して 「書」を始めた
一月から平成27年度も第三期となる
書を始めてから、一年が経つ

★:::::
まずは「〇」・・・禅僧がかつて無として「〇=円相」を書いた
今日はやはり楕円・・・集中していない感じが意識される
そして、すべての書の描き方の要素が含まれた「永」は、ちょっと勢いをつけて
ーーー最近は鉛筆で下書き+なめらかな筆使いを考えている

★∴∴∴
2016年2月の規定は「風光濶遠」(ふうこうかつえん)
落ち付いて、一字一字を丁寧に
最近、あまり集中できていない

★<<<<<
前回は、かすれがあったので、
今回の、しっかりした筆致がいいということになり
今回のを再提出

★~~~~~
でも、勢いや書きぶりを考えると
前回の方が、わたしにとっては
よかった

★☆彡
行書としては
「茂林修竹」ーーー今週だけで書いて、スーッとうまくいって
提出となった

★★☆彡
臨書としては、前回に
個人的に、禅語から「雲水」を写真に撮って、
書家の「雲水」と沢庵和尚の「雲水」の両方を見本にして、書き分けてみた

★☆彡
書家の「雲水」は曲線が美しく
沢庵の「雲水」ははみ出ている感じが、小気味よく
両方とも気にいっている・・・提出して臨書として査定してほしいものだと思ったりして・・・
それほど、気持ちよく書けた気がする


茶席の禅語大辞典

茶席の禅語大辞典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: ハードカバー



#「書」2016年 1月規定「春雲似帯(しゅんうんおびににたり)」再提出 行書は乱暴と言われ提出に至らず 指先の回転で書く方法を知る 2016-1‐27 [書]

「書」平成27年度 第三期

★・・・・・
仏教を探究して 「書」を始めた
一月から平成27年度も第三期となる
書を始めてから、一年が経つ

★:::::
まずは「〇」・・・禅僧がかつて無として「〇=円相」を書いた
今日はやはり楕円・・・初めから集中していない感じが意識される
そして、すべての書の描き方の要素が含まれた「永」は、ちょっと勢いをつけて
ーーー最近は鉛筆で下書き+なめらかな筆使いを考えている

★∴∴∴
2016年1月の規定は「春雲似帯」(春雲しゅんうん帯に似たり)
落ち付いて、一字一字を丁寧に
無意識的に集中して 無になり 心の平静が来ているー後から振り返るとだが

★<<<<<
次は、行書ー新しい課題
墨汁が十分あったので、次から次に書いていくが
なかなか流れるように、なめらかになってこない

★~~~~~
見てもらうと
規定は先週より、落ち付きが出ているからと交換して、再提出
行書は残念ながら、提出に至らずだった

★☆彡
前回のブログでも書いたが、
集中する時間を持ち、流れるような時間を持つ・・・気持ちが清浄になる
今回も、自作の俳句「今ここで 心やすらか 春のあめ」を小筆で書いてみるー色々な書き方で今の気持ちをこめる

★☆彡
競書審査成績は、現在
規定部ー下から六段階上がって:六級上
随意部ー天地人のー人・・・前回と変わらず

★☆彡★
今年は、禅の偈頌を臨書してみたい
・・・すでに資料を調べ、カメラ撮影して、スマホにためているーーー沢庵和尚の墨蹟をGet
自作の俳句も小筆で書していきたい




#「書」2016年最初 1月規定「春雲似帯(しゅんうんおびににたり)」「山花無春冬」を練習 2016-1‐13 [書]

「書」平成27年度 第三期

★・・・・・
仏教を探究して 「書」を始めた
一月から平成27年度も第三期となる
書を始めてから、一年が経つ

★:::::
まずは「〇」・・・禅僧がかつて無として「〇=円相」を書いた
今日はちょっと楕円・・・集中していない感じが意識される
そして、すべての書の描き方の要素が含まれた「永」は、いつも通り
ーーー最近は鉛筆で下書き+筆の勢いを考える・・・今回は勢いがよく大胆に書けた

★∴∴∴
2016年1月の規定は「春雲似帯」(春雲しゅんうん帯に似たり)
細い感じで、すーっと書いたがーーー手本と似てはいるが、散漫な感じになってしまう
1週目は集中して3枚書いて、集中力と緊張感が途切れたところでやめる

★<<<<<
次は、行書ー新しい課題は出ていないので
前から書いている「山花無春冬<山花(さんか) 春冬(しゅんとう) 無し>」
だいぶ書き込んでいるので、流れるようになった・・・行書は流れがあるので書いていて気持ちがいい

★~~~~~
書を始めて一年が経つ
集中する時間を持ち、流れるような時間を持つ・・・気持ちが清浄になる
自作の俳句「今ここで 心やすらか 春のあめ」を小筆で書いてみる

★☆彡
競書審査成績は、現在
規定部ー下から六段階上がって:六級上
随意部ー天地人のー人

★☆彡★
今年は
禅の偈頌を臨書してみたい
自作の俳句も小筆で書していきたい



#「書」11月の規定「吟坐夜燈(吟じて夜燈に坐す)<夜燈の下に坐して詩を吟ずる>」提出 展覧会のための「風月」を検討 2015-11‐18 [書]

「書」平成27年度 第二期

★・・・・・
仏教を探究して 「書」を始めた
九月から平成27年度も第二期となったが、
規定を提出

★:::::
まずは「〇」・・・禅僧がかつて無として「〇=円相」を書いた
今日はスピードが速かったようで、ちょっとかすれて、雑な感じ
そして、すべての書の描き方の要素が含まれた「永」は、いつも通り
ーーー最近は鉛筆で下書き+筆の勢いを考える

★∴∴∴
11月の規定は「吟坐夜燈」(吟じて夜燈に坐す)<夜燈の下に坐して詩を吟ずる>
しっかりと落ち着いて書くーーー最近は1週目は集中して2枚書いて
2週目に2枚書いて、その中から3枚選んで、持って行って先生と検討
今回はその内の1枚がGoodということで・・・4枚書いて提出となった・・・だいぶ手慣れてきたのか

★<<<<<
次は、12月にちょっとして内輪的な展覧会があるので、
まずは、先生が書いてくれた人数分のお手本の中から「風月」を選び、
こちらも2枚書いた・・・2~3枚ぐらいが緊張・集中と素直さのバランスがいい
これも2枚目がGoodということになったが、まだ2枚しか書いていないので、来週また書いて選ぶことになった

★+++++
行書「山花無春冬<山花(さんか) 春冬(しゅんとう) 無し>」
大胆には書けたが、バランスが悪い
とりあえず、行書を書いたという気持ちは理解された・・・まだまだ

★~~~~~
あまり枚数を書かないでも、提出のレベルになるようになって、ちょっと身についてきた感じ
今月は、まだ行書が2枚、お手本があるし
ひらがなも1枚、短歌のお手本があるので、来週はまたチャレンジしたい




#「書」台風接近で自宅で書 「いろはにー」のひらがな&変体仮名を練習 9月規定「荷舞葉涼 (はすは葉をまわしてすゞし)」 2015-9‐9 [書]

「書」平成27年度 第二期

★・・・・・
仏教を探究して 「書」を始めた
九月から平成27年度も第二期となったが、
今回は台風接近で自宅で書

★:::::
家でも、いつものように、まずは「〇」・・・禅僧がかつて無として「〇=円相」を書いた
・・・今日もちょっといびつだが、ここのところ下から始めていて円相っぽい
そして、すべての書の描き方の要素が含まれた「永」は、いつも通りーーー最近は鉛筆で下書き

★∴∴∴
今月のお手本には、一語の手本がないーーー大胆に、より自由に書けるものなので・・・残念
次に、9月の規定「荷舞葉涼」ーーー今月は画数が多い
行書もつながりが興味深く、やりがいがあるのだが・・・今回は手本がまだない

★<<<<<
そこで、平仮名と変体仮名を練習
いろはにほへとから始まるひらがなと変体仮名を練習
「い」という平仮名は一つだが、変体仮名は二種類あり、
「ろ」は二種類、「は」になると三種類と変体仮名があり、それをずっと練習

★~~~~~
台風が接近して今回は初めて自宅で書
書く姿勢も違うし、なかなか集中も難しい
規定は堂々と書けた感じー平仮名&変体仮名も流れる感じが魅力的だ

★☆彡
中国由来の漢字と日本的な流麗なひらがな
緊張感のある感じと何とも言えないのんびり感のある弛緩したひらがな
2時間ぐらいの間に、緊張感から弛緩への流れる気分を楽しんでいる

書 平仮名&変体仮名 2015-9-9.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート