So-net無料ブログ作成
検索選択

#思想 中国の仏教(空)普及は老子思想(無)を借りて説明していた? 2016-12-3 [仏教]

思想 中国の仏教(空)普及は老荘思想(無)を借りて説明ー応用

★・・・・・
中国の仏教普及は、はじめ当然抵抗があった
なぜなら、中国は誇り高き中華思想を持ち、
インドの仏教は異文化であるからだ

★:::::
仏教の中国伝来は紀元元年頃ー後漢の時代
三国時代に入ると、老荘思想が盛んに
仏教は漢訳が進む

★∴∴∴
老荘思想は「無」& 仏教は「空」
ーーー考え方は相通じるものがある
老荘思想を応用し、仏教を説明することで、仏教が中国に普及していった

★<<<<<
そして、インドから鳩摩羅什が来て、
その語学力によって「法華経」をはじめ、
翻訳経典を生む

★~~~~~
禅の発想の中に、「無」と「空」が共存していて、混然一体化している
その理由が、インドから発想された仏教が、中国に来たので
達磨が禅思想として成立することとなったようだ

★☆彡
チベット仏教の本を読むと
「無」はどちらかというと否定的ー消極的・「空」はどちらかというと可能性ー積極的
思想の中に、その過程の中で、ネガティブとポジティブが入っている





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

#妙心寺春光院 英語で解説する坐禅会に参加 川上全龍副住職がLead 2016-9-5 [仏教]

妙心寺塔頭春光院での英語で解説する坐禅会に参加

★・・・・・
妙心寺の塔頭、春光院で
英語で解説する坐禅会に参加した
午前中で、門の前にには、すでに何人かが待っていた

★:::::
2500円を受付で支払って
坐禅をする部屋に・・・
私以外、全員が外国人ー男性も女性もいる

★∴∴∴
外国の人は座ることに慣れていないので
正座をしつつも、座蒲をお尻の下に敷いて、体重が足にかからないようにしている
副住職の川上全龍さんが英語で坐禅を解説するーーー質問の当然のこと、多い

★<<<<<
次は、庭に行って、庭園を拝見
みんな、リラックスしている
足を伸ばしたり、写真を撮ったり・・・想い思いに過ごす

★~~~~~
最後は、抹茶がでて、お話ーーーおもてなしの感じ
坐禅・庭園・抹茶と3段階で構成されていて2500円
講座としてもとてもいい内容だと思った

★☆彡
普通の日本人向けの坐禅会は、無料か寄付なので、
雰囲気も感覚も違うけれど、外国人向けの禅の教室は充実していた
そして、禅や日本やアジアを理解したり、思想としての仏教を理解するために、有意義だと思った

★☆彡☆彡
参考図書 川上全龍『世界中のトップエリートが集う禅の教室』角川書店


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

#禅寺 学徒研修会 左進右退=進む時は左足から退く時は右足でが基本 2016-9-5~6 [仏教]

禅寺 学徒研修会に参加

★・・・・・
京都の研修センターで、学徒研修会に参加
基本的な内容を習うのだが、
すでに知っていることの確認になった

★:::::
13:00に集合、開会式の後
僧堂用語の解説・法衣の着衣指導の後、茶礼で一休み
坐禅・食事作法指導を含んで薬石(夕飯)・・・食事も修行なので沈黙の中で食べます

★∴∴∴
開浴(お風呂)に短時間で入って
座談会ーーー大学生も多く、みなさん、修行に行く予定なので、どこに行くかで情報収集
解定(就寝)になりますが、そこで夜座に・・・外で坐禅しますーーー結構気持ちがいい

★<<<<<
開静(起床)は6時・・・普通の禅寺より遅い
朝課・坐禅の後、粥座(朝食)ーーー禅寺の朝食はお粥が定番
作務でお風呂掃除をして、茶礼で一休み

★~~~~~
読経指導の後、感想文を書き
閉校式
13時に解散ーーー一泊二日の研修会が完了

★☆彡
佐進右退:部屋に入る時は左足から、出る時は右足からの基本を確認した
家を継ぐ若者はやはり悩みが深いーーー自分の他の可能性を諦めるからだが
今、仏教は、心理学や脳科学と融合したマインドフルネスの影響もあり、新たな段階にあるとも言え、思想上、瞑想などで、最先端にいるとも言える・・・と話したら、結構驚かれた


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

#古川周賢x立川談春 禅の修行・公案@Switch Interview 達人x達人 2016-5-12 [仏教]

古川周賢 禅僧

★・・・・・
古川周賢:禅僧
山梨県 恵林寺(えりんじ)住職 ー武田信玄の菩提寺
東大の哲学 博士号をもつー慶応大学社会人講座を行っている

★:::::
立川談春がインタビュー相手として指名
師匠ー立川談志に通じるものがある
談春が弟子を育てるには?という問いを、禅僧ー古川に問う

★∴∴∴
教育の現場は、今一番苦しい局面
学校・親子・世代間ギャップ・・・色々な問題をはらんでいる
歯を食いしばってやった人間しか分からない世界
修行/修業のときの苦労・不安・喜び・絶望ーこの人だったら言葉を重ねなくとも分かる
お互いに分かるところがある

★!!!!!
早口すぎる禅僧 と しゃべりだしたら止まらない落語家 の 異色トーク
人を育てる極意とは?
と番組は始まるが・・・私の関心は、お寺の修行なので・・・そこのところだけピックアップ

★ーーーーー
道場に入って、最初に言われることは「早よせい」
早くできるようになったら「あほ! 早いだけじゃないぞ」
丁寧にやることを覚えたら「ばか!先のことを考えてやれ」・・・スリーステップか~

★=====
禅とは「己事究明」=おのれ自身の事を究め、明らかにする
坐禅:姿勢を整え、呼吸を整え、鏡のような澄んだ心で自分を見つめる
一回しかない人生で、一挙一動の中で自分自身を見つけて、全うできなかったら、あっという間に終わってしまう・・・夢のように終わってしまう
どうでもいいことに悩む・・・本当の自分の大事なことに気づかないで終わってしまう
だから、夢でしかないーーーだから「覚めろ」と言う

★?????
周賢は修行13年ー修行する意味とは?
なんで禅なんですか?
睡眠時間3時間、朝から晩まで肉体労働 食べ物は肉を食べない 戒律通りの生活
眠くて しんどくて 痛くて 寒くて 暑くて
お経 掃除 托鉢 ーーー自給自足が原則ーーー薪割り 畑耕し 夜は坐禅を組む

★☆
一生懸命やって1時間の仕事を45分くらいでやらされる
死に物狂いでやっても間に合わないので「知恵を使え」と言われる
禅寺の掃除の目的は修行ーーーきれいにすることではない

★☆☆
毎日拭く必要はないのに「毎日拭け」と言われる
拭けと言われたら「真に拭かなければならない」と思い込み
不可能なことを死に物狂いでやって間に合わないから怒られ
毎日怒られるーーー知恵を使わないから

★☆☆☆
知恵を使うこと=ごまかすと思い込んでいた
知恵とズルの違いはーーー手抜きをしたらズルと思っていた
手抜きをするかどうかは本人が決める

★☆☆☆☆
その時間の中で最大限の修行
自分の枠ができれば、何をしようがズルじゃない
手抜きをしたか、最善を尽くしたかは自分でわかるーーー自分だけが知っている

★☆☆☆☆☆
結局、自分で決める
人によってどこまで頑張るかの基準は違う
それがその人の持っている 生きざま

★☆☆☆☆☆☆
この程度で折り合いをつけてしまう人
ここまで頑張れる人
そのために道場で365日24時間体制で、何年も修行する

★☆☆☆☆☆☆彡
「出来た」という状態がどういう状態か
自分で像が見えれば完成する

★⁂⁂⁂
「できるようになっと思う心」を得るために修行する?
杓子定規にやっていたら一回も拭けていない
目的がわかっていないーーー形だけ拭いているなら一拭きも拭けていない=修行になっていない
拭けてるほうがいいけど、拭いただけじゃダメ

★+++++
道場という複数の集団でやっている
いろんな人がいる 優しい者 厳しい者
助け合わないと生きていけない仕組み ーーー自給自足・・・大前提がある
本人に「どんなに殴られても続ける」意志があるなら、仲間として絶対に頑張るーーー支える

★・・・・・
禅問答ー公案
昔からの有名な公案「片手で音を出してみろ」
「お父さん、お母さんが生まれる前のお前は何者だ」

★◇
答えが行き詰まる
老師の前で追い詰められた結果 思わぬことを・・・
パニックになる

★◇◇
「隻手(せきしゅ)の声」ーーー江戸時代の白隠が用いた
音は耳で聞くものという思い込みを捨てることを促す
真実の声は耳で聞くのではなく、心で聞くー感じるもの

★◇◇◇
老師の前で自分が悟りの表現をする
自分で分かっていないことをやらなくてはいけない
何にもないのが一番怒られる

★◇◇◇◇
毎朝・毎晩 最初からレベル関係なしで みんな同じ行
修行している限りは、必ず老師の前に行って禅問答
つかむことは一つ・・・入ってすぐに一番難しいことを教えている


★&&&&&
大学院の哲学 ーーーどういう興味?
音楽を目指していたが、才能無し
哲学者にあこがれた

★△
お前の書いているものは みんな借り物じゃないか?
お前しか言えない一句を吐くのが哲学の仕事
哲学科はポストが少ない 食べていける人はほとんどいない

★△△
一句を吐けないのは頭でっかちで勉強ばかりしているからだーと思い込む
正反対の説明よりげんこつが早い世界
言葉のない無の世界

★△△△
本を読むのが好き
禅のように「黙ってやれ」ー全く沈黙でやる世界
動作や感じることで積んでいく世界

★△△△△
29歳 大徳寺の修行道場に入門
大徳寺管長 高田明浦老大師に出ていけと告げられた時には
13年後の42歳

★△△△△△
いつ終わるかーどう終わるかは、師匠が決める
その先に見えてくる世界が、個人を消す世界
自分個人である前にこの寺の住職 弟子を育てる仕事

★△△△△△△
白隠禅師がすごいのは、白隠禅師を打ち出した師匠
本人の名前が消し飛ぶぐらい すごい弟子が出ることが師匠の喜び
おしゃか様の弟子 ものが覚えられない周梨媻特(しゅりはんどく)という人がいて

★△△△△△△彡
おしゃか様は「心のちりを払ってほうきで掃け」と言って
そんな行は頭のいい人はできない
ひとつのことにひたすら打ち込む人間に誰も勝てない

★<<<<<
最終的に当人の問題だよと みんな救っている
みんな頑張れと言っているだけで 何も教えていないのと同じ
その通り

★〇
今の社会は「何のために」が分からなければ駄目だと思っている
分かることなんて たかが知れているーーー浅知恵
雑巾もって拭くしかないーーーやっている中で見つけるしかない
雑巾を持った人間だけが前に進める

★〇〇
気づいた人間はいつか自分で雑巾をもつようになる
どんなダメな人にも「お前頑張れよ」と言わないと
確かに「頑張れよ」とみんなに言ってもらったーーー根拠なし・絶対的な決断
無意識に絶対的な道を選んでいるーーー哲学の世界で言うと絶対的、つまり根拠がない

★〇〇〇
社会が困るから「説明して根拠を示せ」
絶対性を排除する
絶対的なものに対する感性をみんなが開くべき・・・その仕事をしたい
師匠がいなくなって考える

★~~~~~
Logical Thinkingー論理的思考はビジネスマンにとって必要
それでも現実を乗り越えていくのに
超論理ー禅問答的=公案的直観に進んできている

★☆彡
恵林寺には、うぐいす廊下がある
不動明王に胸毛が入っている
武田信玄がモデルらしい



















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

#歎異抄 親鸞 自然(じねん)の発想 @100分de名著 2016-5-1 [仏教]

歎異抄

★・・・・・
自分のはからいを交えないことを
「自然(じねん)」という
自ずとそうなるーーーあるがまま

★:::::
自分の力で「生きている」ところから
様々なものに「生かされている」ことに気づくと
人間・世界の見方が変わってくるーーーとはいっても、信じていたんだが、また迷う

★∴∴∴
はからいを捨てるのは、人間には難しい
はからいを捨てようとすると、捨てられない自分が見えてくる
とことん自分は捨てられない人間だとわかれば、もうこの身のままお任せするしかないという扉が開く・・・自然(じねん)でいようとすることは、すでに自然(じねん)ではない

★<<<<<
宗教はものすごい差別性と暴力性を内包しているーーー一度発動すると、人間には止められない
歴史のある宗教集団は様々なリミッターを設定しているーーー教義
歎異抄はリミッターを再確認するための書

★~~~~~
信心・宗教には、色々な疑問もある
日本人に宗教を聞けば、60%は無宗教
ー私もそちらだと思う

★☆彡
空の思想や自然(じねん)については参考になるし
概念や思考に執着することにで、自分の価値観や存在にこだわりすぎることで
物事がシンプルでなくなり、自然(じねん)でなくなることは、理にも合っていると思っている





歎異抄 (岩波文庫 青318-2)

歎異抄 (岩波文庫 青318-2)

  • 作者: 金子 大栄
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1981/07
  • メディア: 文庫



漫画 歎異抄

漫画 歎異抄

  • 作者: 作:岡橋 徹栄 画:広中 建次
  • 出版社/メーカー: 本願寺出版社
  • 発売日: 2003/07/15
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

#ミャンマーふしぎ体感紀行 経済発展の中で仏教が根ずく社会 2016-2-19 [仏教]

ミャンマーふしぎ体感紀行

★・・・・・
微笑みの国「ミャンマー」
鶴田真由が鉄道で回る
ふしぎ体感紀行

★:::::
出会う人ごとに、
心のやさしさが、
瞳からにじみ出ていました・・・昭和の成長期の日本を彷彿とさせる

★∴∴∴
徳を積むことで、
幸せな生まれ変わりを信じる人々
尼さんが毎朝、食べ物をお布施として人々から受け取る・・・仏教が生活の基本にある

★<<<<<
一方で、押し寄せる経済の波に、
乗り遅れまいとする、
たくましさも垣間見る・・・土着の神々に商売繁盛についてのお告げを・・・

★~~~~~
激しく変化する時代、
変わらない人々の夢が、
そこにある・・・発展途上国の活き生きした人々の生活がある

★☆彡
ミャンマーは上座部仏教で、日本の大乗仏教とは異なる
修行の仕方も違いがあり、私自身はその詳細に興味がある
そこまでは、もちろん番組ではわからないが、社会での仏教のあり方は少しわかった

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

#読書 『禅問答と悟り』 鈴木大拙  禅問答では直観的に把握する 2016-1-7 [仏教]

『禅問答と悟り』 鈴木大拙 鈴木大拙禅選集2 春秋社 

★・・・・・
副題が・・・「禅とは何か」
--禅問答に始まり悟りに達する過程を明解に説くことで、
この難問に答える

★:::::
一生、悟ったとは言えず、
一生、ずっと悟りに向かうようにも思う
悟ったと言ったとたん、悟りに執着しているとして、悟ったことにならないとも言われている・・

★∴∴∴

禅には問答があり、問答は一種独特であり、
その独自性は知的発展性・論理的推究性がない

★<<<<<
禅問答の特徴:
禅の答えは、いつも問者の立場と違った立場から出る-問者をすっぽかし
しかし、単に知的でないという消極性だけでなく、何か積極的に人間の心の奥にくい入る

★~~~~~
禅問答では、まったく違った観点・視点から、物事をみる
論理的でもなく、感情的でもなく
直観的に把握するようだ





禅問答と悟り (新版 鈴木大拙禅選集)

禅問答と悟り (新版 鈴木大拙禅選集)

  • 作者: 鈴木 大拙
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 1990/10
  • メディア: 単行本



禅問答と悟り (禅ライブラリー)

禅問答と悟り (禅ライブラリー)

  • 作者: 鈴木 大拙
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

#読書 『禅問答と悟り』 鈴木大拙  禅問答に始まり悟りに達する過程 「非思量」 2016-1-7 [仏教]

『禅問答と悟り』 鈴木大拙 鈴木大拙禅選集2 春秋社 

★・・・・・
副題が・・・「禅とは何か」
--禅問答に始まり悟りに達する過程を明解に説くことで、
この難問に答える

★:::::
私自身は、
一生、悟ったとは言えず、一生、ずっと悟りに向かうようにも思う
悟ったと言ったとたん、悟りに執着しているとして、悟ったことにならないとも言われている・・

★∴∴∴
I 禅の問答
一 禅問答の特色:
知的・論理的・説明的・解釈的・啓蒙的・教訓的でなく「体当たり」的

★<<<<<
対話(ダイアローグ)ではない 論理的推究・知的推論は禅ではない
剣客の立ち合いのようだ(一方の太刀が動くかと思うと、相手は倒れている)
禅問答には、知的考察を容れる余地がない

★~~~~~
禅:
「非思量」-思量に非ず
=思量を絶したものを思量している

★☆彡
禅問答は、公案ともいう
禅問答は、直観的ともいう
超論理・超感情ー矛盾していそうで、超矛盾ー柔軟になって、自然体へ・・・


鈴木大拙禅選集〈2〉禅問答と悟り

鈴木大拙禅選集〈2〉禅問答と悟り




鈴木大拙全集〈第13巻〉禅の思想・禅への道・禅問答と悟り

鈴木大拙全集〈第13巻〉禅の思想・禅への道・禅問答と悟り

  • 作者: 鈴木 大拙
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/10/06
  • メディア: 単行本



禅問答と悟り (新版 鈴木大拙禅選集)

禅問答と悟り (新版 鈴木大拙禅選集)

  • 作者: 鈴木 大拙
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 1990/10
  • メディア: 単行本



禅問答と悟り (禅ライブラリー)

禅問答と悟り (禅ライブラリー)

  • 作者: 鈴木 大拙
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

#読書 読み始め『禅問答と悟り』 鈴木大拙  禅問答に始まり悟りに達する過程に興味がある 2016-1-7 [仏教]

『禅問答と悟り』 鈴木大拙 鈴木大拙禅選集2 春秋社 

★・・・・・
副題が・・・
「禅とは何か」
--禅問答に始まり悟りに達する過程を明解に説くことで、この難問に答える

★:::::
曹洞宗の道元的只管打座=坐禅も、修行といわれているが
臨済禅の公案=禅問答も、修行といわれている
禅問答に始まり悟りに達する過程には・・・とても興味がある

★∴∴∴
序ーーー昭和16年晩春に鈴木大拙によって書かれている・・・太平洋戦争が始まるのがこの年の12月8日
世界を挙げて大動乱の淵に沈みつつある現状ー世界は今や思想の上に、生活の上に、一大転機
吾ら東方人は、祖先伝来の精神的動力を、新たな世界文化の建設に役立たしめたい

★+++++
この動力は、「物」の力にあらず、空虚な観念的独りよがりの力にあらず、
 「物」と「心」を超えて、しかもこの二つの上に、具体的に実証的に、活躍するもの
   -予はこれを禅経験の上に求めん

★<<<<<
目次
 序
 I 禅の問答  II 悟り  III 禅経験の研究について 
解説 古田 223

★~~~~~
鈴木大拙が太平洋戦争前夜に禅問答と悟りをどう思考したのか?
臨済宗の修行では、禅問答は一対一の密室で行われる
自分がどのように思考するのか?・・・楽しみでもある

★☆彡
一生、悟ったとは言えず、
一生、ずっと悟りに向かうようにも思う
悟ったと言ったとたん、悟りに執着しているとして、悟ったことにならないとも言われている・・


鈴木大拙禅選集〈2〉禅問答と悟り

鈴木大拙禅選集〈2〉禅問答と悟り

  • 作者: 鈴木 大拙
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2001/02
  • メディア: 単行本



鈴木大拙全集〈第13巻〉禅の思想,禅への道,禅問答と悟り (1969年)

鈴木大拙全集〈第13巻〉禅の思想,禅への道,禅問答と悟り (1969年)

  • 作者: 鈴木 大拙
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1969
  • メディア: -



禅問答と悟り (新版 鈴木大拙禅選集)

禅問答と悟り (新版 鈴木大拙禅選集)

  • 作者: 鈴木 大拙
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 1990/10
  • メディア: 単行本



禅問答と悟り (禅ライブラリー)

禅問答と悟り (禅ライブラリー)

  • 作者: 鈴木 大拙
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

#読書初め 『マンガ 「書」の歴史と名作手本』漢字の書体の発明は唐時代まで 2015-12-4 [仏教]

『マンガ「書」の歴史と名作手本』編者:魚住和晃 絵:櫻あおい 講談社α文庫 820円+税

★・・・・・
マンガの書道
名筆は人を癒す
書の歴史と写真による手本

★:::::
「書」を始めてそろそろ一年
書の歴史も知りたいし、
文字の発展史も知りたい

★∴∴∴
甲骨文字・金分・篆書(てんしょ)・隷書・楷書・草書が
発明されていく過程を知りたいと思い
この本を読み始めた

★<<<<<
また、書の書体は、どのようなものがあるか?
それぞれの手本に、どのようなものがあるか?
それぞれの具体例を見て、コピーとカバーをしていきたい・・・臨書

★~~~~~
有名なのは、王義之・・・しっかりした文字だ
私にとっては、禅僧の書いた墨蹟が魅力的だ
空海や良寛などの文字がどのようなもので、どのような感じなのか・・・楽しみだ

★☆彡
自分にとっての魅力的な文字
手本にする文字を探したい
自分を、感情を、今の状況を表現する文字を志向していきたい





マンガ 「書」の黄金時代と名作手本―宋から民国の名書家たち (講談社+α文庫)

マンガ 「書」の黄金時代と名作手本―宋から民国の名書家たち (講談社+α文庫)

  • 作者: 魚住 和晃
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: